アメリカの失業率 世界恐慌以降で最悪


アメリカの失業率が 14.7% と世界恐慌以来、
最悪の数字となりましたね。

コロナショックの影響により
約2,050万人の雇用が失われています

2月~4月の推移です

2月の失業率:3.5%
3月の失業率:4.4%
4月の失業率:14.7%
 ←NEW !!

コロナショックの影響が
ドンッ!と出てきたことが分かります

米国の株式市場にはどのような
影響があったのか見てみましょう

株式市場への影響 米失業率14.7%


失業率がドンッと上がったわけですから
株式市場にも影響があるかと思います

S&P500のチャートに
どのような影響があったのかが↓の図です

S&P500 5月4日~5月9日 チャート


5月7日の夜(日本時間)に
失業率の発表がありました
しかし、このチャートを見る限り
失業率の発表なんてなかったように
右肩上がりをしています

2,050万人が失業しているのに
「全く関係ないぜ」と言わんばかり(笑)

株式市場は失業率をすでに織り込んでいた
ってことですね

失業保険申請数 3,300万人


失業者は2,050万人となっていますが
失業保険申請数はもっと多いようです

3月中旬から7週間での失業保険申請数は
  3,300万件 !!!

ちょっと待ってくれ!?

失業者数より明らかに多い

今の失業者に
プラス1,000万人以上はいる可能性もありそう。。

隠れ失業者ってところでしょうか(´・ω・)

これだけの人が生活を維持することは
相当、困難ですよね

実態経済への影響


正直、全くわかりません(笑)

日本でもホテルや飲食店など
多くの企業が倒産しています

アメリカでも同じことです
高級百貨店の「ニーマン・マーカス」や
衣料品販売の「J.CREW」が破産法の申請をして
経営破綻をしました

日本にも店舗があり、有名な衣料品小売大手の
ギャップ(GAP)が資金不足の可能性があり
賃料の支払い停止などのネガティブなニュースがあります

世界各国も国民の生活や経済への
影響を減らすために
過去最大規模で
経済支援をしています

なので、一刻も早く
コロナの薬ができることを
願っています

コロナ感染者数


世界での感染者は400万人を超えました
アメリカでも134万人以上となっています

参考:https://news.google.com/covid19/map?hl=ja&gl=JP&ceid=JP:ja


アメリカ 134万人
スペイン 22万人
イタリア 21万人


アメリカは断トツで感染者が多いです


日本では一部地域で
自粛の緩和がされつつありますが
まだまだ安心して生活できるレベルではありません

まとめ  失業率は株式市場への影響小?



アメリカでは
過去最悪の失業率となっています

実体経済への影響がありものの
S&P500のチャートへの影響は
今のところほとんど感じられません

投資家初心者としては
失業者や失業保険申請が増えているのに
株価は右肩上がりを続けることが
不思議でたまりません


コロナに感染しないことはもちろんですが
周りにウイルスを拡散しないように
気をつけて生活します

多くの人に自粛疲れがあると思いますので
ご自愛ください

tibizo

20代会社員が株式投資に挑戦【2020年スタート】 高配当&インデックス投資 どこまでやれるかゆっくり投稿します

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。