アメリカン・ステイツ・ウォーター 【AWR】 業績


会社名から分かるように
水道事業をしている企業です
公益事業は安定感が魅力的です

AWR 概要



「アメリカン・ステイツ・ウォーターは米国の持株会社、子会社の通じて事業は、水道、電気、契約サービスに分かれる。水道事業は水の購入、浄水、排水をカリフォルニア州で展開、25万7,102世帯に水道サービスを2万3,615世帯に電力を供給、また陸軍訓練センターや空軍基地の上水道・下水道システムの運用、保守、改良・交換サービスを行う。」
参照:ヤフーファイナンス

AWRはカリフォルニア州を中心に
アメリカ南部で事業を展開しています

AWR 事業展開地域
Annual Report



AWR 業績

売上&営業利益



それではAWRの売上と営業利益を見ていきましょう

2015年からの業績がこちらです

売上&営業利益
参照:ヤフーファイナンス



公益事業であることから
売上は横ばいです
今後もこのような状態が続くと思います
営業利益に関しても、安定的に利益を出しています
営業利益率はすばらしいです(文句なし!笑)

売上の中で大部分を占めているのは
どの事業でしょうか

それは会社名にもなっている
水道事業です(はい!予想通り)

こちらが事情別の売上になります

事業別売上



水道事業で68%を占めています
コロナでも水道を使わなくなることはないので
安心していられますね

EPS&BPS


1株あたりの利益(EPS)と純資産(BPS)
見てみましょう

AWR EPSとBPS



EPSは2019年度で、頭一つ、抜けているでしょうか
BPSは増加傾向です


配当&配当性向


連続増配年数トップのAWR
配当はもちろんのこと
配当性向にも注目してください

AWR 配当金と配当性向



連続増配でありながら、
配当性向は60%前後なので
今後も増配が期待できます

そして、増配率も魅力的です
過去10年の平均増配率は8%を超えています
AWRの配当への意気込みが伝わってきます

AWR 株価 驚異の伸び



AWRは連続増配年数が
米国企業で最も長いことで有名です
連続増配だけでなく、
今回は株価の伸びにも注目していただきたいです

青色:AWR
赤色:S&P500



2002年頃からのチャートになります
青色が AWR
赤色が S&P500

市場平均を大きく上回っています
公益事業でありながら、
グロース株のような
チャートを形成しています

安定的な業績連続増配という魅力が
このチャートを物語っています

事業としては
アメリカ国内で水道事業を中心に展開しています
コロナや外交問題は基本的に関係ないので
今後の株価にも注目していきたい銘柄です


まとめ 連続増配年数トップ



米国株の中で連続増配年数がトップのAWRです
事業内容は公益事業である、水道事業を中心に行っています

安定的な業績と連続増配が大きく影響して
長期的にも右肩上がりのチャートを形成しています


個人的にはポートフォリオに加えたい銘柄です
正直、調べる前は
ここまで魅力的な銘柄だとは知りませんでした
(連続増配年数トップだし、調べてみるかって感じで・・・)


全く話は変わりますが
米国株の決算書を見るのは大変すぎますねΣ(゚Д゚)

エイゴ ワカリマシェーン 笑)


今日はコーラを飲みましょう!
コカ・コーラについて調べてみました
【コカ・コーラ 【KO】 】

SPYDは減配でしたね
今後、配当は持ち直すのか
【SPYD減配 【高配当ETF】 】


tibizo

20代会社員が株式投資に挑戦【2020年スタート】 高配当&インデックス投資 どこまでやれるかゆっくり投稿します

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。