インテル 【INTC】 業績



私はインテルと聞くと
パソコンに入っているやつって
印象が強いですね
(こんな始め方で良いのか。。笑)

そんなパソコンに入っている
インテルについて調べてみました

概要&事業

概要

インテルの概要は以下になります

「インテルは半導体チップ製造大手。ICとコンピューター技術を統合したプラットフォームを開発。主要製品はデスクトップパソコン、ノートパソコン、サーバー、ワークステーション、ストレージ用プロセッサー、チップセット、マザーボード、シャーシ、プロセッサーチップセット、ハードウエア・プラットフォーム、イーサネットコントローラー、Wi-Fi製品。」
参照:ヤフーファイナンス

事業


インテルの主な事業はこれらで構成されています

CCG デスクトップPCやノートPC、タブレット向けのチップを製造
DCG データセンター向けにチップを製造
NSG メモリとストレージを製造
IOTG 組み込み用半導体を製造
PSG プログラム可能な半導体を製造
Mobileye 車の先進運転支援システムとその半導体を製造
All other その他


S&P500やダウにも採用されているインテルで、
馴染みのある事業はCCG事業でしょうか
パソコンやタブレットを購入すると
インテルの表示がされているのをよく見ますね

身近にあるもので知っていると
親近感が沸きます

そんなインテルの業績を見ていきましょう


INTC 業績


それでは、INTCの業績を見ましょう

売上&営業利益



2015年からの売上と営業利益がこちらになります

INTC 売上&営業利益
参照:ヤフーファイナンス



どちらも増加傾向であることがわかります
営業利益率が良すぎますね
2020年度の第一四半期では35%を超えています
今後も注目していきたいです

そんな増加傾向である売上を支えている事業は
どの事業でしょうか
事業別の売上を見てみましょう↓

INTC 事業別売上
参照:2019 ANNUAL REPORT


やはり、CCG事業で大部分を支えていますね

NSG事業やINTG事業
売上構成としてはあまり大きくはありません
しかし、1年の成長率は10%を超えていました
今後の成長がINTCの鍵となるのか!?

EPS&BPS



1株あたりの利益(EPS)と純資産(BPS)の
推移がこちらになります

INTC EPSとBPS
参照:ヤフーファイナンス



EPSは2018年からの伸びが良いですね
BPSは毎年増加しています
利益を出せる体質であり続けてほしいです

配当&配当性向


世界トップの半導体を製造しているINTCの
配当と配当性向はこちらになります

INTC 配当&配当性向
配当参照:https://jp.investing.com/equities/intel-corp-dividends
配当性向:配当÷EPS×100



配当性向を見ると
まだまだ増配はできそうですね

そして、肝心の配当のことですが
実は連続増配年数としては
5年ほどと短いことがわかりました

しかし、よく調べてみると
約19年間、減配をしていません

2001年8月の配当金は0.02ドルでした
ここからほぼ毎年、増配をしていましたが
ときどき、2年間近く同じ配当金額でした

これが連続増配年数が短い理由でした
長期的には増配傾向であることは感じました

まとめ INTC


パソコンに入っているINTC
半導体の製造で世界トップです

そのINTCに逆風が吹いています
その原因はアップルです
INTCの半導体はアップルのMacなどに搭載されています
しかし、アップルは今後、
自社で半導体を製造するようです

これがINTCにとってどれほどの強風か。。。
(INTCの売上に占める、
Mac関連の販売比率は5%以下らしいです)

5%以下でも逆風に変わりありません

NSG事業やINTG事業の成長が
10%と言わずに、
どんどん加速してほしいですね。


旭化成の業績を調べてみました
魅力的な企業でした
【 旭化成 3407 [業績] 】

米国株の中で
連続増配年数がナンバー1
実に60年以上で市場平均以上の株価上昇には注目です
【 アメリカン・ステイツ・ウォーター 【AWR】 業績 】

tibizo

20代会社員が株式投資に挑戦【2020年スタート】 高配当&インデックス投資 どこまでやれるかゆっくり投稿します

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。