コロナショックで仕込んだ銘柄 含み損益



2020年初めのコロナショックで
仕込んだ銘柄が少しずつ含み益を出しています

あの暴落で買いに迎えた
無知ゆえの勇気が功を奏しています

その反面もありますが( ;∀;)


含み益 銘柄



含み益銘柄は
ARCC、PG、JNJ、SPYD、OEFなどが
あの暴落で購入した銘柄です
ポートフォリオの含み益を押し上げてくれています
ありがたいですね!

ARCC



特に超高配当銘柄である
ARCC」はドンピシャのタイミングで購入できました
含み益も20%近くになっています
インカムとキャピタルの両方で良い結果となりました

ARCC 1年チャート



PG


購入数が少ないですが
PG」も20%以上の含み益となっています
チャートの伸びのおかげもありますが
タイミングとしては良い結果となりました

PG 1年チャート



SPYD



SPYD」に関しては
株価の戻りが悪いので含み益までに
時間がかかりました。。。
SNSではオワコン扱いされていますが
インカム重視の私にとっては、魅力ある銘柄です


暴落で買いに向かうとは



暴落で買いに向かうことは
利益が出せるチャンスです
先ほど紹介した含み益銘柄となります

しかし株価が戻らない場合もあります
それが、含み損です

私の場合は、XOMTが含み損となっています

特に、「XOM」はもうダメかと諦めつつあります
取得単価から20%以上の含み損となっています

XOM 1年チャート



原油価格が一時マイナスとなり、
現在でも1バレル=40ドル前後です
この影響がXOMの業績に直撃しています

航空機産業や石油製品の需要が伸びなければ
今後も厳しい状態が続きます
今のままでは、配当の維持もできないと思っています

1株当たりの配当が、年間3.48ドル
配当利回りは10%前後となっていて、
超高配当化しています

この現状をチャンスと考えられなくなっているので
買い増しはしていません


まとめ



コロナショックで買いに向かった銘柄では
含み益と含み損の両方があります
短期の評価額で一喜一憂しないようにしていますが
含み益はやはり嬉しいですね

高配当銘柄は、株価の戻りが全体的に悪い印象です
ここをまだまだチャンスがあると捉えるのか
ピンチと捉えるのか

楽しみながら投資をしていきます!!


ARCCを購入した当時の記事です
改めて読むと、配当が魅力ですが、リスクがある銘柄だと思わせてくれます



長期金利もときどき気にしておきたいですね
今後の銀行はどうなっていくのか考えます

tibizo

20代会社員が株式投資に挑戦【2020年スタート】 高配当&インデックス投資 どこまでやれるかゆっくり投稿します

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。