バブルに乗るか反るか



多くのファンドが売却をする中、
個人投資家の影響で株価が上昇している

こんな見解もあるようですね

個人投資家が熱狂すると
いずれバブルが弾けることが容易に想像できます

ハイテク中心のバブル



米国株のハイテク銘柄を中心に
過熱感が増していますね

連日の最高値更新を見ていると
実体経済と乖離しているな~と感じます

世界各国が株価を下げないように
あれやこれやとテコ入れ(お金を刷り)する時代

これがニューノーマルとなるのでしょうか

そうしたら常にバブル状態で
常に投機要素が高いですね

トレーダーにとっては
「一攫千金のチャンス到来キタ――(゚∀゚)――!!って状態?(笑)


バブルに乗るか反るか



個人的には、経験として乗ってみるのはありです

理由としては、
毎年起こっていることではないからです
(毎年起こっていたら、それはそれで問題。。)


損益に関係なく
バブルがどのようなもので
どのような感情になるのか知る機会となります

そもそも、バブルで儲けられる人は
一握りだと認識する必要もありますが。
それを含めての経験となります

結果次第では、
今後の投資にも影響がありそうですね

バブルに乗る 条件



仮にバブルに乗るとしたら条件(軸)を決めましょう

個人的には金額と期間、そして利回りは
決めておく必要があると思います

具体例としては、「30万円で3ヶ月だけバブルに乗る」
そして、「±で○○%以上の損益が出たら即売却」
こんな感じでしょうか

投機的な投資にも軸は必要だからです


投資方針があやふやだと
感情に左右されすぎるからですね

バブルによって利益が出てくると
更に利益を追ってしまうでしょう
そして、決めた金額以上に追加投資をしたり、
「もう少しだけ保有していたい」など感情が生まれます

逆も然りで、損切するにも判断軸はあったほうが良いです

軸を決めても
1番の敵は感情だとは思いますが・・・・(;^ω^)


まとめ



バブルに乗るのであれば
金額・機関・利回りを決めて投資する

乗らないのであれば通常運転

あくまでは、私の見解なので
投資は自己責任です

今の最高値更新がバブルなのか
バブルあれば、どこまで上昇するのか

これらは誰にもわかりません

人に流されず、自分の軸や航路を守れると
程よい距離感で楽しく投資と向き合える
そんな気がします


自動車保険を見直した結果
固定費削減することができました!



投資が趣味になりつつあります
ブログもその一助となっていそうですね




tibizo

20代会社員が株式投資に挑戦【2020年スタート】 高配当&インデックス投資 どこまでやれるかゆっくり投稿します

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。