リート 【1659 iシェアーズ米国リートETF】


最近、気になっているのがリートです
勉強もかねて記事にします

そもそも「リート」とは 


リートって名前は聞くけど
正直なんだ?って思っていました

リートとは
「REIT(リート)とは、投資者から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから得られる賃貸料収入や不動産の売買益を原資をして投資者に配当する商品で、一般的に「不動産投資信託」と呼ばれています。投資者は、REITを通じて間接的に様々な不動産のオーナーになり、不動産のプロによる運用の成果を享受することができます。」
参照:https://www.smtam.jp/pickup/reit/outline/

リートの参考図
参照:https://www.smtam.jp/pickup/reit/outline/


ググればすぐに出てくるのがありがたいです

「不動産投資がやりたいけど、いろいろ心配だ」
って人には魅力的な投資だと思います
もちろん元本割れもあるので
ご注意ください

投資対象・種類が豊富 リート


リートの投資対象は
オフィスビルや賃貸住宅、商業施設、物流施設、ホテル
などが投資対象です

楽天証券でリートと調べるとなんと
49件でてきました
本当に豊富なんですね

楽天証券で「リート」と検索

1659 iシェアーズ米国リートETF


豊富なリートの中で私が気になっているのが
タイトルにしている
iシェアーズ米国リートETF」です
1659というのはコードです

このリートの概要は
「1.米国のリート市場に幅広く投資できます。
2.分散投資および長期的な資産成長を目指すために活用できます。
3.東京証券取引所(東証)に上場している円建ての外国リートファンドで、日本株と同じように日本時間で取引できます。」
参照:https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/290505/ishares-us-reit-etf-fund

ブラックロック社のバックアップも
魅力の1つです

どんな構成か 1659


そんな1659の保有銘柄は
99%以上がUSRTというETFになります

1659の保有銘柄
参照:https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/290505/ishares-us-reit-etf-fund


これだけ保有されているUSRT
アメリカの様々な不動産で構成されています

USRTの上位銘柄
参照:https://www.bloomberg.co.jp/quote/USRT:US


上位5社の簡単な事業概要は以下です

プロロジス:産業用不動産の保有、運営、開発会社

エクイニクス:相互接続されるデータセンター内の顧客やパートナーに多様な企業を直接接続する

デジタルリアルティートラスト:テクノロジー関連不動産の所有、取得、管理

パブリックストレージ:米国のセルフサービス倉庫施設の買収、開発、所有、運営

エクイティレジデンシャル:米国で集合住宅の買収、開発、管理


上位5社はこんな企業(投資信託)でした

1659に投資をすることで
アメリカ不動産に投資ができることがわかります

若干、不動産?って思う企業もありますが。。。

まとめ リートも選択肢


リートは不動産ETFで
購入することで不動産のメリットも享受できそう

株だけでなく
リートで不動産という選択肢もありだと!


個人的に気になっている
1659 iシェアーズ米国リートETF は
米国の様々な不動産に分散されている
経費率も0.2%以内で長期保有もできそうです

もし購入するのであれば、1659ではなくて
USRTを購入したいですが
日本の主な証券会社では
取り扱ってなさそうでした
( ;∀;)

なので米国の不動産に投資をしたくなったら
1659を購入したいと思います

もう少し調べてみます



tibizo

20代会社員が株式投資に挑戦【2020年スタート】 高配当&インデックス投資 どこまでやれるかゆっくり投稿します

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。