投資を始めた理由 きっかけとなる本

投資を始めたきっかけは2冊の本でした

持ち父さん貧乏父さん」

「バビロンの大富豪」

この2冊を知っている人も多いと思います
それだけ有名かつ学ぶことが多い本だということです


出会い



私がこの2冊に出会ったのは大学時代でした
当時「将来、定年まで仕事をするならお金持ちになりたい」と漠然に思っていました
そのな中で、お金に関する勉強がしたいと思い
情報を集めていたらたまたま出会ったのです
アマゾンですぐに購入したのを覚えています(笑)


「金持ち父さん貧乏父さん」



ほとんどの内容は忘れてしまっていますが・・(笑)
今でも覚えているのは
お金を自分のために働かせる」だったかな?
こんな感じの意味合いだったと思いますが
印象強かったです


お金がほしいからお金のために働くのではなく
もらったお金を自分のために働かせる
この考え方に衝撃を受けたのが思い出です
ここでお金に対する感が方、投資や企業に興味を持ち始めました

お金を自分にために働かせるなんて無理だよ
何言っているのかさっぱりわからない
って思っている人は銀行にお金を預け続けるのも1つの選択です
しかし、お金の価値は基本的に減少していることを忘れないでください


例えば、銀行にお金を預けていても
超低金利のため全く増えることはありません
インフレ率を考慮したら
預金額の価値は日々、減少しています
なかなか感じることは難しいかもしれませんが・・
価値の減少に気付ける人は行動してみてください

私はお金を自分のために働かせたいと思い
行動しました

FPや簿記の資格の勉強をしたもの
この本に出合ったからです
おかげでなんとなくのレベルですが
企業の会計報告書を見ても
「???」となることは少なくなりました


「バビロンの大富豪」



古代都市バビロンの人々は大富豪だったことが書かれていて
なぜ大富豪になれたのかを紐解くことができる本ですね

昔から大富豪はこうしてきたと
考え方や方法が学べるので
ごく普通の大学生だった私には刺激的でした

資産を持っている人は増やすために
まだ資産がない人はこれから資産を築けるように
大富豪の知識や考え方にふれれることができる
いいきっかけになります

昔の話ですが
今の時代でも通じることだと思います

この本のおかげで
金融リテラシーの1歩を踏み出したと実感しています
そして常にお金の勉強は必要だと認識しました



まとめ


この2冊には感謝しかありません
人生を豊かにできるきっかけをくれました

そしてこの記事を書いていて思ったことは
もう一度、読み直そう(笑)

大学生で感じたことと
投資を始めている今とは
感じ方も変わっているはずです

お金持ちの考え方を
知り、学び、経験して
少しでも今後の人生を豊かにできるよう

まだ、読んでいない人や内容が気になる人は
ぜひ、読んでみてください
そして、行動してみてください
世界が変わります←宗教っぽい(笑)

一緒に人生を豊かにしましょう


tibizo

20代会社員が株式投資に挑戦【2020年スタート】 高配当&インデックス投資 どこまでやれるかゆっくり投稿します

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。