貯金のコツはあるのか 【貯金方法】Part2



前回は投資に出会う前の貯金方法をPart1
として記録しました
  ↓↓
【貯金のコツはあるのか 【貯金方法】Part1 】


貯金のコツを見つけて頂きたいので
私が実際に行っている貯金方法になります

そこで私が、投資に出会ってからの貯金方法
記録していきます


まず始めに投資に出会って大きく変わったのが
貯金=投資
このように考えるようになったことです



投資をしない人は
投資」という単語を「貯金」に置き換えて頂ければ、
何かコツを発見できるかもしれません。

それでは今やっている貯金方法になります!(^^)!


一定の金額から割合へ



今までは一定の金額を財形貯蓄を利用して貯金していました
しかし、現在では
手取りの何割を貯金(投資)すると決めています

割合と言っても具体的には、
手取りの6割以上を投資に回せれば◎」と決めています


一定の金額で貯金をしていたときは
給料が少ないときに
生活が苦しいときがありました

そこで一定の金額よりも割合へシフトして
「6割以上を投資する」と決めています

あれ?毎月、6割の投資が出来ているっけ(笑) (-ω-)/



手取りの4割で生活できているのは
財形貯蓄をしていたときの
制限された環境があったからです

知恵と工夫と優先順位があれば生活できます


手取りに対しての割合で貯金(投資)をしていても
心地良く生活できています
貯蓄率や1年後の貯金額も分かりやすいので
モチベーションにもなります


唯一の現金貯金 特別費



唯一、現金で貯金していることが
ボーナスから年間の特別費を貯金していることです
いわゆる、「先取り貯金」です

毎年、必ずかかる費用や冠婚葬祭などの特別費を
ボーナスで貯金しています


特別費という考え方は投資に出会ってからですね
予測できる費用は先に貯金しておくと
本当に生活が楽になります

来月はあの支払いが。。。
半年後は車検の費用が。。。
こんな考えは忘れてしまいそうです(笑)


「特別費??」という人は是非ググってみてください!
家計改善に役に立ちます
行動あるのみです


まとめ


投資に出会ってからの
貯金方法について記録しました

大きく変わった点は
一定の金額の貯金から
手取りに対する割合で貯金
をするようになったことです

現金貯金は利用頻度の少ない口座に変えているので
特別費専用の口座となっています


今回は生活防衛費について触れていませんが
別に貯めてありますよ~~


貯金のコツはあるのかPart1がこちらです
投資に出会う前での貯金方法を記録しています



貯金をするのであれば、まずは固定費を削減しましょう
一度、削減に成功すれば、生活が楽になります


tibizo

20代会社員が株式投資に挑戦【2020年スタート】 高配当&インデックス投資 どこまでやれるかゆっくり投稿します

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。