購入銘柄 5・6月編



毎月購入している銘柄もあれば
ある程度、タイミングを見て購入している銘柄もあります
割安で購入できているかは、さておき(笑)


購入銘柄 日本株



日本株はずっと購入していませんでした

6月に唯一、購入した銘柄が
6113 アマダ です


過去の業績と配当を見ていると
買い増しをさせる気にしてくれます

アマダ 売上と営業利益
参照:IR BANK
アマダ 配当と総還元性向
参照:IR BANK



買い増しをしましたが
現在では、含み損が。。。
そして、減配が。。。。
ダブルパンチを食らっています(笑)

ボディブローが効いていますが
私はまだまだノックダウンしません


工作機械業界 受注減



工作機械業界は
本当に寂しい時期に入っています

その理由が受注金額がどんどん下がっているからです
工作機械業界の受注統計がこちらです↓

工作機械受注 2019年~2020年5月
参照:一般社団法人 日本工作機械工業会



このグラフを見ると
毎月前年比を下回っています

実は前年比実績を20ヶ月連続で下回っているのです
5月の受注は2009年以来の少なさとなっています
ちょうどリーマンショックの時期です

内需・外需では
内需では18ヶ月連続減少
外需では20ヶ月連続減少
 となっています

コロナ前には
4月頃から受注は増えそうという
意見もありました
現状は全く先行きが見えないです

景気に左右されやすい業界です
今は踏ん張り時。


購入銘柄 米国株



米国株は基本的に毎月購入しています

5・6月で購入した銘柄は

・SPYD
・VYM
・HDV
・JNJ  

この4つです
 
上記3つはETFなので
比較的、安心できる部分もあります
分散と配当ゼロを回避することが安心できる部分です

SPYDとVYMは
6月の配当落ちに間に合いました
先ほど、証券口座を確認したら
入金されていました
この速さは日本株にはないので、ありがたいですね

HDVは今回、初購入です
ポートフォリオにHDVが加わりました
配当落ちには間に合いませんでしたが
9月は期待していますよ~( *´艸`)


個別銘柄ではJNJを購入です
長期的に配当も株価も上昇すると
信じての購入です
若干、高値な気もしています

JNJ 2020年2月からのチャート



8月での配当落ちは
少しですが、金額が増えているでしょう
安定感のあるJNJは
ある程度の配当予測ができるのでよいですね

5・6月総評



個別銘柄もETFも割安と感じるものは少ないですね
特に5月は株価が戻ってきたこともあるので。

しかし、NYダウとS&P500は
1ヶ月前の水準まで下がってきました
個別銘柄でも
1ヶ月前よりも株価が下がっている銘柄が
多くなってきました

今回購入したJNJも
5月頭の水準よりも約7%の下がっています

チャンスの足音が聞こえてきそう
そんな印象です


まとめ 購入をとめるな


あくまでも私の軸としては
「購入をとめるな」です(某映画タイトル風)

個別銘柄よりもETFを購入する割合が多いですが。
安心して購入できる点がメリットです

資産の比率は
ボーナスのおかげで現金比率が上昇しています
キャッシュが増えると選択肢が増えますね
うれしい悩みです



それにしても
蒸し暑くなってきましたね

「湿気と気温」

こちらもダブルパンチの到来です
くれぐれもノックダウンしないように
気を付けてください

チャンスの足音は聞こえそう??
2番底 待っています
【 いつ来る 2番底 】

私の軸でもあるSPYD
6月の配当は減配でした。。。
【 SPYD減配【高配当ETF】 】

tibizo

20代会社員が株式投資に挑戦【2020年スタート】 高配当&インデックス投資 どこまでやれるかゆっくり投稿します

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。