SPYDだけ暴落の理由 コロナショック

米国株の高配当ETFには

  • SPYD
  • VYM
  • HDV

この3つがあり
どれも魅力的な配当を出しています

その中でもコロナショックで株価が
一番下がっているのが、SPYDです

SPYDとVYM、HDV 株価比較

コロナショックで
SPYD、VYM、HDVがどれだけ下落しているのか↓


青:SPYD 赤:VYM オレンジ:HDV

VYMがマイナス17.48%
HDVがマイナス16.09%
SPYDがマイナス30.57%

え??同じ高配当ETFなのに
SPYDだけ下がり方がおかしくないですか?

なぜでしょうか?


なぜ一人負け SPYD

さまざまな原因はあると思いますが
1つ考えられるのが
均等加重平均で高配当銘柄上位80社に分散されていることです

均等加重平均とは
時価総額が大きい銘柄も時価総額が小さい銘柄も
同じ割合で構成されていることです

「同じ割合なら大丈夫そう」と思いそうですが
構成されている銘柄によっては良くない面もあります

それは、時価総額が小さい銘柄は
財務の健全性が弱いということです
潰れるリスクがあるよってことですね

そこがネガティブな材料となり、株価に影響しています




ちなみに
VYMは400社に分散されている
HDVは財務も考慮して75社に分散されている
この違いが、SPYDの一人負けに繋がっていそうですね

配当は維持できるのか 

SPYDは誕生してから年月が経っていないため
不況を経験していません
そのため、どれほどの減配になるのか予想がしにくいです

配当がゼロになることはないですが
今までよりは少なくなるでしょう

株価が下がると不安要素が増えますね(´;ω;`)


ちなみにVYMはリーマンショックで減配をしています

リーマンショック前の年間配当は、1.56ドル
リーマンショック後の年間配当は、1.08ドル

減配率でいうと、31%ほどの減配をしています

400社に分散されているVYMでさえも
30%以上の減配でしたので
SPYDも覚悟が必要かもしれません

減配シミュレーション SPYD


SPYDの2019年の年間配当は1.74ドルでした
これは過去最高でした
ここからどの程度減配があったら
配当利回りはどうなるのかのシミュレーションをしましょう


仮に年間配当が約42%の減配をして合計1ドルになった場合
株価:26ドル付近(5/1現在)
配当利回り:3.84%
(配当が1ドルまで下がるかはわかりませんが、あくまでもイメージです)

個人的にはこのレベルであれば
まだまだ買い増しを続けていきます

なぜかというと
SPYDは誕生してから
1.42ドル~1.74ドルの年間配当を出していました(好景気だったとしても)

この実績は紛れもない事実です
今は苦しい時かもしれませんが
またたくさんの配当を出してくれると信じています

だから、今のうちに購入をして
いつか1.5ドル程の配当があれば
十分すぎるという考えです


まとめ


SPYDだけ暴落の理由は
均等加重平均による構成が原因かなっと
私は思っています

コロナショック前と比べると
30%以上も株価は下落しています

これをピンチと捉えて売却するのか
チャンスと捉えて買い増しをするのかは
投資家の軸によって異なります
私は後者です

株価は下がっていますが
年2回のリバランスによって構成銘柄が入れ替わっています
ここがETFの良さです


また、減配の可能性も大いにありますね
どこまで減配していくのか
6月の配当を楽しみ半分、恐怖半分で待っています

減配シミュレーション以上に減配があったら
泣きそうになります、いや、確実に泣きます(笑)

がんばれSPYD!!

tibizo

20代会社員が株式投資に挑戦【2020年スタート】 高配当&インデックス投資 どこまでやれるかゆっくり投稿します

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。